高校生でもクレジットカードは作れる?

結論から言えば、高校生はクレジットカードを作ることはできません。

クレジットカード(学生向けクレジットカードを含む)の申し込み基準を見ると、「満18歳以上、ただし高校生を除く」と表記されています。

したがいまして、申し込んだとしても、高校生の方は審査をするまでもなく、発行されません。
(※満18歳以上で、社会人の方は、もちろん申し込みOKです)

しかし、高校生の方でも、クレジットカードと似た機能を持つカードとして、デビットカードとプリペイドカードは持つことかぜできます。

デビットカード

デビットカードとは、多くの場合、銀行のキャッシュカードと一体化されていて、買い物代金は自分の銀行口座から即時に引き落とされるようになっています。

日本で発行されるデビットカードは、「VISAデビットカード」または「JCBデビットカード」となっていて、カードに「VISA」か「JCB」のロゴが付いています。

したがいまして、「VISA」「JCB」のクレジットカードが使えるお店なら、デビットカードでも、日本でも海外でも、ネットショッピングでもクレジットカード同様に使うことができるのです。

クレジットカードは利用代金を後日請求されますが、デビットカードは即時で銀行口座から引き落とされますので、銀行口座に残高が残っていなければ使えませんのでご注意ください。

ですから、デビットカードを持って海外旅行へ行くときは、あらかじめ、銀行口座へ余裕を持って入金しておくと良いです。

留学の場合は、親などに、都度、銀行口座へ入金をお願いしておくといいでしょう。

デビットカードは、大手都市銀行、ネット銀行は、ほぼどこの銀行も発行しています。地方銀行は発行していない銀行もあります。

その銀行によりますが、発行対象として、満15歳以上、または、満16歳以上となっています。

それと、注意点として、デビットカードでも「Jデビット」というデビットカードがあるのですが、「Jデビット」はカードに「VISA」や「JCB」のロゴが付いていませんので、クレジットカードが使えるお店で使うことはできません。こういったことから「Jデビット」のデビットカードは普及がすすみませんでした。

プリペイドカード

プリペイドカードは、あらかじめカードへお金を入金して利用します。

したがいまして、審査もありませんし、高校生でも問題なく持つことができます。

多くのプリペイドカードには、「VISA」「JCB」「MasterCard」のいずれかのロゴが付いていて、クレジットカードが使えるお店なら、国内でも、海外でも、ネットショッピングでも、クレジットカードと同じように使うことができます。

今は、海外旅行専用プリペイドカードという海外旅行に特化したカードも発行されていますが、普段使いのペリペイドカードでも海外旅行や留学で使えます。

みなさんもご存知のプリペイドカードもあるはずです。

例えば、
・ソフトバンクカード(VISA)
・au WALLET プリペイドカード(MasterCard)
・dカード プリペイド(MasterCard)
・おさいふPonta(JCB)

また、各クレジットカード会社もプリペイドカードを発行しています。
例えば、
・三井住友VISAプリペイド(VISA)
・JCBプリペイドカード(JCB)
・Mastercardプリペイドカード(MasterCard)
・エポスVISAプリペイド(VISA)


プレリペイドカードにチャージ(入金)できる限度額ですが、「ソフトバンクカード」や「au WALLET プリペイドカード」は100万円となっています。ただし、カードによってチャージできる限度額が多少違いますので、個別にチェックしてみてください。